おむつはずれ体験談

トレーニング中のママを取材!専業主婦ママ編

まきこママさん ・はるかちゃん 2歳8ヶ月

お子様と接する時間の長い専業主婦ママならではの悩み、
トイレトレーニングの工夫をのぞいてみましょう!

はるかちゃんは活発で好奇心旺盛な女の子!まきこママさんは同居のお母さんに勧められ、ご自身も1歳でおむつはずれをしたことから、はるかちゃんのトイレトレーニングを1歳半から開始したそうです。でも初めのうちはトイレへのタイミングがなかなかつかめず、とても苦労したとか・・・。

1歳の頃より2歳以降のほうが、育児が楽になったという、まきこママさん。ここから本格的に頑張ったそうです。でも、その分主張も多いので、履きたくないパンツや嫌いな絵柄のおむつは断固拒否で悪戦苦闘。毎日上手に声掛しながら朝、昼、晩の食事の後などタイミングを見てはトイレに誘い、何回も何回も努力して連れて行ったそうです。

失敗もたくさんあったようですが、トイレが出来た時は思いっきり褒めてやる気を出していたため、最近では自分からトイレに行くように・・。

トレーニングの様子を見させていただきました

Q. ずっとはるかちゃんと一緒に過ごし、タッグを組んでのトレーニング。

大変だったことは何ですか??

外で失敗したら・・と思うと外出が大変でした。外出先の便座に恐がって座れないので、帰宅まで7・8時間我慢してしまうこともあり、体が心配になりました。

また、一体いつまでかかるのか・・と不安になり、心配も多かったです。

専業主婦のママさんは子供と一緒に過ごす時間も長いので、自分の努力が報われたり、成果が出なかったりすると、毎日喜んだり、落ち込んだりしてしまいますね。でも長く一緒にいることで成長を見守ることができ母子の絆を深めているようです。

とは言え、長いトレーニングでストレスもたまり大変だったよう・・・。なかなか進まないトレーニングにくたくたになってしまい、はるかちゃんを怒ってしまったことも・・・。子供の様子を観察しながら、ストレスなく、楽しくおむつはずれまでの道を頑張りたいですね。